ようこそ!MATYのおすすめを独自目線で発信します♪

大人のみなと体験「港×フェリー」に参加しました!

大人のみなと体験「港×フェリー」に参加しました!

往復はがきで応募する募集は、当選落選がはっきりわかるので、結構応募します。今回はさんふらわあの船内見学と港めぐりが体験できるということで、広報をみてすぐに応募しました!

忘れたころに届く応募結果…見事当選!ということで、家族で参加しました。

集合場所ではがきを提示すると、日程とアンケート用紙、そしてバスの指定席が記載された封筒を渡されました。
あらかじめ座席が決まってるのは、文句なしでなにかとありがたいですね。

<Sponsered Link>

バスに乗り、「さんふらわあ」ののりばに向かいます。
スタッフさんのお話では、今回のイベントは競争倍率8倍の難関だったそうです。(ほんまか?!ありがたやー!)

「さんふらわあ」の船内見学へ

まもなくして見えてきた、「さんふらわあ」の船体。
広告やHPでその存在は知っていたものの、実際に目にしたのは初めて。

カメラマンがいるーと思ったら、サンテレビさんの取材でした。その日のお昼のニュースに流すのだそうです!

初めてはいる、船の乗り場。まだ船の中じゃないけど、それでもなかなか来る機会がない場所にテンションが上がります。
さんふらわあは大分⇔神戸を結ぶものなので、大分の広告も。
実際、私は大分にいるときに、「さんふらわあ」の広告を神戸より、よく目にしました。弾丸で神戸⇔大分行けるっていうのも、神戸の人より認知度が高いイメージでした。個人的に大分が好きなので、この建物に入った瞬間大分が近く感じてうれしくなりました^^

乗船記念パネルに
はばタンもいるー^^

<Sponsered Link>

 

パンフレットをもらって、係員の方に「さんふらわあ」のこれまでの歩みや運航ルート、船内サービスの説明を受けます。みなさんパンフレットをみて興味津々です!

乗り場の建物の窓からみえるさんふらわあ号。旅に思いを馳せたくなります。
太陽のマークが象徴的ですね!

「さんふらわあ」グッズがある

さんふらわあグッズもいろいろあるんですねー!
非売品の展示されてるものもあり、見てるだけで楽しかったです。

実際は建物からの乗船ですが、今回は見学の特別版なので、バスに戻り、カー乗り場から上に上がります!
車が止まっていない中は珍しいですよ!とスタッフさんが撮影スポットを教えてくれました。私は運転免許を持っていないので、乗船するとしてもまず縁がない場所だったとおもうので、見学できてよかったです。

<Sponsered Link>

バスを降りて、駐車場から船内に上がるエレベーターの中。
7階まであることと、カフェメニューがあることを覚える(笑)

いざ!「さんふらわあ」の船内へ

こちらは船内のカフェエリア。ここで、みなさん食事を食べるんですねー。
今日は運航していないけど、窓際の席に座って、航海中の景色を見ながら食事をする自分をイメージしてしまいました。

<Sponsered Link>

そして、船内をぬけて、操舵室へ向かいます。
いくつかのお部屋のドアがあいていて、中をみることができました。

<Sponsered Link>

貴重な操舵室の見学と解説

もちろん、普段は公開されていない操舵室。
実際に運転する方に、設備やレーダーの見方の説明等をしていただきました。

夜の航海なので、実際はこのカーテンレールにそってカーテンがおろされて、暗い中で運転するそうです。

地図を見てた時に、気づいた「のり わかめ養殖場」の書き込みに、港愛を感じてしまいました(笑)

<Sponsered Link>

くまモンルーム、キティちゃんルーム

操舵室から再び客室のある廊下へ。今度は6階のフロアのお部屋見学です。
このフロアは個室タイプ。くまモンルームやキティちゃんルームもありました。また、展望浴場とかかれたお風呂もありましたよ!

そのあと、一旦外に出て、参加者全員で集合写真を撮影してもらいました。
神戸市の媒体のどこかに掲載されるのかなぁ…?
動いていない船ですが、眺めはよかったです!

<Sponsered Link>

これが「さんふらわあ」のVIPルームだ!

そして、この外に出た流れで、さんふらわあで一番高いお部屋に案内してもらいました。普通のホテルの部屋みたいでした!

さすが、お部屋にバストイレ付きです!

部屋から外の風にあたれるバルコニーがあるんです!
(そして、サンテレビさんのインタビューをここでうけました(笑))

<Sponsered Link>

リーズナブルなお部屋

最後は、一番リーズナブルに滞在できるプランで使うお部屋の見学。
先に一番いい部屋を見てしまっただけに…。でも、とにかく安くいきたい!弾丸で1万円くらいで行けるなら寝るだけだし!って人には十分な設備だと思います。

<Sponsered Link>

午後からは貸切「ファンタジー号」で遊覧

「さんふらわあ」の船内見学を終えて、バスに乗り、一行はカモメリアへ。
そこで50分ほど、各自昼食をとる休憩をはさみ、再度集合。

午後は貸切の「ファンタジー号」で実際に船で海にでます!

<Sponsered Link>

ブラタモリの航路?森田さんの解説つき!

ただ船に乗って遊覧ではなく、ブラタモリ#64でタモリさん達を案内した森田さんの案内です!


航路も特別コースって言ってたけど、今思えばブラタモリでタモリさんが案内してもらった同じコースなのかも。

<Sponsered Link>

森田さんの解説、ちょくちょくクイズも出題しつつ、ほんとに船の知識が豊富で「あ!今日はいつもと停め方が違う!」とか、ご自身も新たな発見をされてうれしそうにお話してくださるので、聞いてるほうもすごく楽しかったです。

港に戻って来たあとは、朝もらったアンケートに記入し、提出して自由解散でした。

朝は、六甲アイランドまで行かないといけなかったけど、帰りはハーバーランドで解散してくれた点は個人的にありがたかったです。

<Sponsered Link>

神戸観光に乗船ははずせない!

今回の体験を終えて、船での移動は縁がないと思っていましたが、例えばこの先、どうしても大分のから揚げと鶏めしが食べたい!っていう時は、「さんふらわあ」の弾丸フェリーという選択肢もありだなーと思いました。まぁ、実際のところ、せっかく大分までいったんだし弾丸は厳しいって考えもありますが…。コンサートとかの遠征なら終演時間にもよりますが、利用できそうですね。(あ!だから逆に大分から神戸に弾丸でコンサートいったりするのかな?)

港町神戸だけに、船は切っても切れない存在ですよね。

私も県外や海外の友人が来たら、かもめりあの遊覧船は絶対乗ってもらっています。1,000円くらいで乗れます。
天気がいい日の空の青と、山の緑とポートタワーの赤は、最高の眺めです。
海から写真を撮るのもおすすめですよ!(インスタ映えにも!)

今回のおとなの港めぐり体験のような企画は今後の開催も考えられているそうなので、「今回の募集を知らなかったよー」という方は、神戸市の広報チェックをお忘れなく♪

素敵な機会を頂いて、ありがとうございました!

レポートカテゴリの最新記事