【完成版】神戸市役所に落書き?!出資者は神戸市民。ミューラルアートで街が生きている!期間限定だから見なきゃ損!!

こんにちは。MATYです!

以前、神戸でミューラルアートのクラウドファンディングが始まると、このブログでお伝えしましたが、結果的に目標を大きく上回る支援でプロジェクトがスタートしました。

▼前回の記事はこちら
アーティストに対価を支払い神戸の街にミューラルアートを増やすプロジェクトって?

[Advertisement]

コロナ禍で大幅なスケジュール変更を余儀なくされるもなんとかスタートの日を迎える

当初の予定では、ゴールデンウィークにはお披露目の予定でした。
しかし、緊急事態宣言が発令されるなど、大幅にスケジュールの変更が余儀なく開始は7月13日となりました。

しかし、開始当日はあいにくの雨となり、初日に市役所に行くと準備万端の鼻息が荒い高所作業車にしか会えず残念・・・。

それでも、いよいよプロジェクトがスタートするワクワク感が高まります。

せっかくなのでタンタンの旗を撮影して帰りました。
(※2020年8月2日現在終了しています)

翌日から雨の合間をぬって描かれ始めるSNSを見ていました。

1週間後

そして、翌週、フェリシモが作った、ミッフィーのカフェの取材後、現地に再び足を運ぶと、以前花時計があった場所と北側の壁にアートが出現していました!

動画だとこんな感じ。

この頃は、まだあんまりこの絵をよくわかっていなかった私。船が書いてるから、【あ、港街神戸だからだねー】としか思ってなかった。

こちら北側の壁。
とてもパワーを感じるアート。

そりゃ、通り過ぎるおじさんも足を止めて見上げるわな(笑)

[Advertisement]

約2週間後

SNSで南側の壁が完成し、北側の壁がスタートと知り、全然見に行けていないので若干焦る(笑)

ようやく梅雨が明け、連日太陽が拝めるようになってきた8月2日、ようやく3回目の現地へ!やっぱり、夏は青空が綺麗!!

そこに、アートが映える!

こちらは完成した模様。
近くで見るとすごく楽しい。

私は、コウノトリが好きだなぁ。兵庫県のイメージ。

反対側はクジラがでたーーー!!!

絵の手前にいるのはプロジェクトリーダーの秋田さん。
このアートがどれだけ大きくてダイナミックなものなのか分かると思います。

アートをよくみると、タコの足みたいなのが見えるけど、まだたこの顔らしきものがないから、それはあいてるスペースに描かれるのかな?(ワクワク)

これは、イメージでセルフィった写真なのですが、これだけで十分インスタ映えになるし、全体も含めて撮れば、記念撮影の場所として映えますね~。

こちらは完成した南側の壁アートです!

美術館か何かかな?って思えるくらいアートな作品です。

ここは高い壁なので、下から撮影しても十分、絵が入ります。
カメラや撮る場所によっては、国際会館や山も入って神戸の景色にアートがある写真が撮れるんじゃないでしょうか。

[Advertisement]

後半スタートいよいよ北側の壁が色付き始める

そして、北側の壁のアートもスタートしました!
お盆のころには完成予定とのことです!

高いところで描く姿、かこいいなぁ!
キャンバスが広いから、全体バランスの構図とかすごく難しいんだろうなぁとか考えるとリスペクトしかありません。

この北側のアートの進捗具合は、いろんなところから見ることができますよ!
これは国際会館側から。

これは、少し遠いけどJR三宮駅から。
撮影したのが夜だからさらに分かりにくいけど・・・(;’∀’)

制作過程を楽しむべし!!

今の現場はまさに製作途中。
でもね、ミューラルアートって、この時間が1番楽しいんじゃないかって思うの。

なぜなら、クラウドファンディングのキックオフイベントで生のライブペイントを目の当たりにしていたから。

何を描いているのかは、何となくわかるんだけど、結果的に想像を大きく上回る完成度だし、何回もスプレーを重ねることによって現れる立体感とかは、【えー!あの塗りはそのためだったの?!】って驚きが感動レベル。

自分の写真フォルダに撮りためてる写真で進行を比較するだけでも楽しい。

そして完成を待ちわびる。

ほら、近所で家やマンションが建ち始めると、毎日何となく進捗具合をみてしまうでしょ?あ!基礎ができた!とか、柱が立った!とか。あの感覚です(笑)
家は他人のものだけど、ミューラルアートは街のもの(すくなくともこの神戸市役所のものは)。

完成後も楽しめるから、先に愛着をかけたもん勝ちじゃない?!

単純に完成したアートを見るのも感性を刺激されまくるんだけど、過程を知っていれば、その感動はひとしおでしょう。

三宮周辺で働く人はその様子を毎日見れるからうらやましいなぁ。

神戸市役所2号館は年内に取り壊し予定です。
2週間後完成するアートが見られるのも期間限定。

コロナ禍で不案な時期だけど、野外だし、ソーシャルディスタンスを保って、マスク・手洗い・消毒をそれぞれが徹底して、ミューラルアートを見上げる人、写真を撮る人が集まって、市役所周辺が賑わえばいいなぁと思います。

[Advertisement]

【8/5追記】お土産にステッカーはいかが?!

今日、ミューラルアートの追加支援の案内が出ました。クラウドファンディングのリターン商品だったTシャツ(5,000円)、エコバッグ(4,000円)、ステッカー(1,000円)が単品で購入出来るそうです!

もし、現地にミューラルアート見に行って、感動したり、いい記念になったなぁと思ったら、現地にいるスタッフに声をかければ購入出来るそうですよ!私も次行ったら買います。

売上はもちろんプロジェクトの支援。ということは、グッズを購入したあなたもミューラルアートの出資者ですね!(*’ ▽’*)

私も遅ればせながら、アートの出資者になりました!(笑)

詳しくはコチラ

【8/17更新】完成を見に行ってきました!

ミューラルアートは8月14日に完成したそうです。
完成当日には行けませんでしたが、3日後の17日に久しぶりに行ってきました。

なんと、あれから新しいアートも出来ていましたよ!

むむ?!

下の壁にも新しいアートが登場してる!

 

私、個人的にはこのアートを始めてみた時に心をわしづかみにされました。

078とミューラルアートの印字を発見!!

絵の下にいるのは、プロジェクト代表の秋田さん。
また偶然会った(笑)色々お話伺わせていただきました~。

一番印象深かったのは、それぞれのアートについて、説明や解説が欲しいという私の声に対して、「個々で感じるものだから説明はない」との答えでした。
アートってついつい解説とかを知りたくなりがちだけど、そうじゃなくていいんだね。
読めばアーティストの想いも知れてなるほど!って思えることもあるけど、個々の気づきや受け取りで楽しめるアートであることを学びました。

こちら、花時計があった場所の裏側。
前回私が行き忘れていた場所です。
女の子のアートが生まれていました。

ここの面のテーマは「街」なんだそうです。

 

 

こちらは「山」

2人のアーティストさんによるコラボだそうです。

偶然にも描かれたこのコウノトリが凄く喜ばれているというウワサ!
しあわせを運んできてくれてる~(^▽^)

 

ここは「海」のイメージ

そうそう、タコさんの顔はここにいました。
前回見に来た時からとっくにいたのに気づかずにごめんね…。
墨まではいてたのにね(´;ω;`)

秋田さんに聞いたところ、右上のスペースはあえて開けているのがアーティストのこだわりなんだそうです。その話を聞いて、確かに右側があいてることによって、クジラたちが右に進む躍動感があるなぁと思った。

 

そして、三宮駅からも見える壁に描かれたデザイン。
下書きなしで描かれるこの曲線美。
ホントに凄い!美しい!

 

 

ブルーはアンケートで神戸をイメージするカラーで1番だった色。

神戸の海や空をイメージするブルーに走る赤いラインは・・・?

ポートタワーですね!神戸らしい色づかいに。

サインも確認しました。

 

 

 

ここからみると、市役所だとは分からないほどおしゃれ!

駅からも改めて確認!
綺麗な花が見えます!

 

さて、アートは完成しましたが、まだまだ神戸のミューラルアートプロジェクトは続く予定です!引き続きの情報はオフィシャルページでチェックしてください!
私も引き続き応援していきます!

Kobe mural art project
ホームページ:https://kobe-mural.com/
Twitter:@KobeMural
Instagram:@kobemuralartproject

 

【おまけ】観光に来たらついでにチェックしてみてね♪

もし、この記事をみて、ミューラルアートを見に、三宮に行ってみよう!と思ってくださったあなたに、ついでにチェックしてほしいスポットがあります。

まずは、ここ。
知る人ぞ知るスポットなのですが、ここでは密かにストーリーが描かれています。

ここ何ヶ月かはこの景色なのですが、よく見ると鳥も犬もマスクをしていたり、水分補給に備えていたりと、ストーリーをめぐらせると癒されます。
信号のところにあるのですが、浸りすぎて信号を渡り損ねることもしばしば(笑)

過去に色々撮ってるのですが、ほんとに細かいところまでよくできているので通りかかったらぜひチェックしてみてください!

あとは、既存のミューラルアートです。
過去記事でスポットを案内しているので、神戸観光も兼ねて散策してみてくださいね!

コロナが終息するまで、なかなか旅行とかは難しいご時世、意外と地元にあるミューラルアートを意識してみると楽しいかもしれません。

[Advertisement]
タイトルとURLをコピーしました